Twitterのおもしろさはヤバクリにあった。秀逸なヤバクリアカウントたち

第一弾では、MM@開業医による医院開業話・医師のキャリア、Dr.ひろ、Dr.ラスの3アカウントを取り上げたが、いずれもウハクリ系(儲かってウハウハなクリニックor医師)であった。

今回は、開業医であれば誰でも直面するような問題に悩まされているヤバクリ系(経営がヤバいクリニック)の3アカウントを取り上げる。ヤバクリドクターたちのおもしろさは、本業が赤字でも医師アルバイトや投資で食いつなぎつつ、なんとか自院を経営するという胸を打たれるような努力と自虐にある。

ただ、これは当社予想ではあるが、ここまでのTwitterセンスがあればヤバクリからウハクリへの転換は間違いないので(もしくはすでにウハクリになっているがヤバクリを装っている)、期間限定とのアカウントになる可能性が高い。そのため今しか見られないTwitterと言えるだろう。

訪問利確ドクター


https://twitter.com/TNKcham
Twitter開始 2017年12月 フォロワー数2,220名

2017年12月に開設されたヤバクリTwitter界の老舗ドクター。都内で訪問診療クリニックを経営する30代前半の若手。豊富なツイート量と鋭い数字の分析に定評がある。婚活と在宅医との相性が悪く進まないとのこと。

シケメンソイソース( ˙-˙ )

https://twitter.com/m3soy
Twitter開始 2018年10月 フォロワー数3,560名

全日本ヤバクリ医学会のシケメンソイソース先生(元イケメンソイソース)。「そいそークリニックピンチです( ˙-˙ )」 で締めるツイートはとにかくおもしろい。特にクリニック経営に全く興味が無いスタッフとのやり取りが秀逸。実はイケメン、ウハクリという噂も。

赤字クリニック

https://twitter.com/redcommetclinic
Twitter開始 2020年1月 フォロワー数4,681名

2020年1月開始と開設後10カ月ながら驚異の4,681名のフォロワーを獲得しているヤバクリ界の超新星。1.2万件の豊富なツイート量にも関わらずおもしろさのクオリティは抜群。クリニックの赤字をFXで補うというヤバさも震える。

こちらの記事も是非ご覧ください。